スマホ・通信料金

ドコモのスマホ料金を月5千100円安くする節約術があった!

ドコモのスマホ料金を安く節約したいけど、どうやったらいいのかわからなくて困っていませんか?

ドコモは大手キャリアということで、何も考えずに使っていると月6,000円以上スマホ料金がかかりますよね。

しかし、ドコモのスマホの場合は他の携帯会社(キャリア)と比べて「スマホ料金を安くする節約術」が非常にやりやすく、スマホ料金を月900円に抑えることもできます。

スマホ本体の買い替えやキャンペーンなどではなく、ドコモのスマホを使っている人なら誰でも使える節約術ですがやり方を知らない人も多いかと思います。

そこで今回は、ドコモのスマホ料金を月5千100円安くする節約術をご紹介したいと思います。

ドコモのスマホ料金を安くする節約術

ドコモのスマホ料金を安くする節約術は色々ありますが、やはり安さを追求すると安ければ安いほど節約術のめんどくささと難易度は上がります。

20代の完全スマホ世代であれば抵抗はないと思いますが、20代後半以降の人からすると結構難易度が高い節約術もあります。

そこで、ドコモのスマホ料金を安くする節約術を難易度別もとい「めんどくさくない順」に3段階に分けてご紹介したいと思います。

ドコモスマホ料金節約術1.通話料金を安くする方法

通話料金が毎月どれくらいかかっているか、把握していますか?

基本料金が安いプランがお得だと思っていたら、実は基本料金は高くても通話料金が安くなるプランの方がスマホの通話料が安くなるということはよくあります。

とくに、毎月1時間以上通話を使う人がシンプルプラン(基本料金980円)にしていると、カケホーダイプラン(基本料金2,700円)よりも明らかに割高になります。

【毎月1時間以上通話した場合の料金例】
シンプルプラン:980円+(60分×40円)=3,380円
カケホーダイプラン:基本料金2,700円のみ

スマホで電話をよく使うという人は、基本料金は高くなるけれども何時間使っても料金が変わらない2,700円のカケホーダイプランを使った方が節約になります。

LINEの通話アプリがお得

最近は、スマホの電話ではなく、LINEの通話アプリを使って電話をする人が多いですよね。LINEの通話アプリであれば、wifiが使える場所ならデータ通信料も気にすることなく長時間の通話も可能です。

会社や宅配便など、アプリを使わない人たちとの通話はスマホでやるしかりませんが、友達や家族などと連絡をとるときはLINEの通話アプリを使うことで節約も可能です。

この場合は、基本料金が安いシンプルプランにするのがおすすめです。

ドコモスマホ料金節約術2.データ通信料を安くする方法

通話料金の節約方法を紹介しましたが、スマホ時代の今は「データ通信料」の方がスマホ料金全体に占める割合が大きいですよね。

このデータ通信料については、「月額固定」の料金プランと「使用料に応じて料金が変動する」料金プランがあります。

月額固定の料金プランはヘビーユーザー向け

まず最初に見直したいのは、「月額固定」の料金プランになっていないかです。ドコモの月額固定料金プランというと、「ウルトラデータLL/Lパック」です。

Lパックの方は20GB(6,000円固定)、LLパックは30GB(8,000円固定)の料金になっています。この20GB、30GBというのは、データの通信量を表しています。

この20GBという通信量は、Youtubeで動画を1日約2時間毎日見ることができる量です。家にwifiがなくて、動画をスマホで1日1時間以上見るというのであれば20GB以上のプランを使うのもありです。

しかし、wifiがあったり、動画を1日1時間以上みないというのであれば20GBも必要ありません。

ドコモの場合、「My docomo」のページで月のデータ通信料や料金プランなどを確認することができるので自分の設定を確認していない人はチェックしてみましょう。

公式サイト:My docomo

家にwifiがあるなら1GBも使わない

家にwifiがあって、家の外で動画を見たりスマホゲームをしないという人であれば月1GBも使うことはないでしょう。

実際、私マネネコは家でスマホを使うときはwifiを使用していますが、外出時に株の取引きアプリをスマホで使っていますが1GBを超えるのは旅行などで外出先で地図アプリやトリップアドバイザーなどの旅行アプリを使うときくらいです。

また、そういった月でも3GBを超えることはありませんでした。ただ、毎日動画を見ないと落ち着かないという人は外出先などで動画を見ると3GB以上になることもあると思います。

ただし、今はホテルや旅館で無料wifiが提供されていますし、カフェやレストラン、コンビニ、駅などでも無料wifiが提供されているのでそれらを利用することでデータ通信料を抑えることができます。

ホテルや旅館で無料wifiを使いたい場合

ホテルや旅館でスマホを使う場合、フロントの人に無料wifiがないか聞いてみましょう。大体、客室用のIDやパスワードが用意されているので聞けば教えてくれます。

私マネネコも旅行大好きで、色々なホテルや旅館に泊まりましたがwifiが備わっていないホテルや旅館にあたったことはありません。1泊3万円のホテルも、1泊3,000円のビジネスホテルでも必ずwifiが用意されていました。

ドコモスマホ料金節約術3.格安simでやすくする方法

ここまで紹介したドコモのスマホ料金節約術は、「手間をかけずにできる節約方法」でした。今から紹介する「格安sim」を使った節約術は、「手間がかかるけど大幅にドコモのスマホ料金を節約できる方法」です。

実際、私マネネコが使っていたプランと月々の料金、格安simを使ったあとの料金比較と格安simに乗り換える方法などを一緒に紹介したいと思います。

通常のドコモのスマホ料金と節約後の料金比較

最初に、私マネネコが格安simに乗り換える前のスマホ料金と乗り換えた後の料金比較からご紹介したいと思います。

iPhone XS Max (64GB) 141,912円
カケホーダイプラン(スマホ/タブ) 4,536円/月(2年間の定期契約なし)
ベーシックパック(〜3GBまで/ステップ2) 4,320円/月
インターネット接続サービス 324円/月
月々サポート(24回) -2,457円/月
合計 6,723円/月

ちなみに、この表の中には「iPhone XS Max (64GB)」の本体購入一括代金が含まれていますが、この料金自体は月の料金に含まれていません。ただし、新しい機種を購入しているので月々サポートが2年だけ適用されて毎月2,457円がスマホ料金から値引かれています。

また、私マネネコはwebマーケティングの仕事をしているため、iphoneの新機種を使って広告やサイトデザインなどのチェックをしなければならないのですが新機種が出る度に買い替え(仕事用なのでメインじゃない)を行うためカケホーダイプランは2年の縛りがないプランにしています。

2年縛りがある方が月約2,000円ほど通話料金が安くなりますが、マネネコは機種購入を果たしたらすぐに格安simに乗り換えるので2年縛りがない契約にしています。こうしておけば、違約金を支払わずに済みます。

なんでiphoneだけ買わないの?

iphoneの新規機種が欲しいだけならAppleの公式ホームページなどから機体だけ買えば済みますよね。しかし、Appleの公式ホームページは定価販売になっているので値引きなどが一切ないんです。

しかし、ドコモなどの携帯ショップであれば新規機種の割引クーポン1万円分と旧機種の買取額アップキャンペーン、dポイントの利用で非常に安く本体を購入することができるので利用しています。

とくに、私マネネコの場合は新規機種が出る度に仕事のために購入しないといけないので新機種割り引きクーポン・旧機種買取アップキャンペーンとdポイント利用で大幅節約になります。

さて、話が脱線してしまいましたが、通常のスマホ料金だと月6,723円(本体代金含まず)でしたが格安simに乗り換えた場合は下記のようになりました。

LINEモバイル(コミュニケーションフリープラン3GB音声通話SIM)
月額1,690円

「あれ?これ総額?」って思いますよね。基本料金の総額はこれだけなんです。あとは、通話した分だけ通話料がかかったり、データ容量が足りないときにデータチャージ量がかかりますがそれは通常のドコモのスマホ料金も同じです。

ドコモのスマホ料金月6,723円が、格安simにしただけで月額1,690円になりました。節約できたスマホ料金は、月5,033円。ちょっとタイトル詐欺になってしまいましたが、約5,100円の安くすることができました。

ドコモのスマホで格安simを使う方法

現在使っているドコモのスマホで格安simを使いたい場合は、下記の手順で手続きを行います。

【格安simを使う手順】
  1. ドコモのMNP(エムエヌピー)手続きを行う
  2. 格安simに申し込む
  3. 格安simを使用するスマホに挿す

上記の3ステップで、簡単に誰でも格安simを使うことができます。

ドコモのMNP(エムエヌピー)ってなに?

MNPとは、今使っている電話番号はそのままにして別の携帯電話会社の回線に乗り換える仕組みのことです。

例えば、ドコモから格安simのLINEモバイルに乗り換える場合は、MNP手続きをドコモでしてから、LINEモバイルの手続き中にドコモから発行された「MNP予約番号」を入力することで電話番号はそのままでLINEモバイルの格安simを使うことができます。

格安simに乗り換えたらドコモの解約手続きはいるの?

MNPをして新しい格安simの手続きをした時点で、すでにドコモの回線契約は解約されていることになります。そのため、MNP以外に別途解約手続きなどは必要ありません。

ただし、格安simに乗り換えた場合でも、カケホーダイの2年契約プランを使っていた場合は規定通りの途中解約金が必要になります。ただ、月5千円も基本料金が安くなるので1年で6万円の節約になるのであれば、途中解約したほうがお得ですよね。

ドコモのスマホ料金を月5千100円安くする節約術まとめ

今回は、ドコモのスマホ料金を月5千100円安くする方法についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

ドコモの料金プランを見直すだけでも月2~3千円くらい節約できる人も多いので、自分のプランが高額プランになっていないかチェックしてみるのがおすすめです。

また、ちょっと大変だけど一回だけ頑張ってみようと思う人は、格安simへの乗り換えもおすすめです。MNPの手続きはドコモに電話するだけですし、LINEモバイルに申し込むときも聞かれたことに答えるだけで手続きは進むので少し頑張ればできるかと思います。

スマホ料金のように毎月一定額を支払うお金を削減することで、かなりのお金を節約できることになるのでスマホ料金が高い人は一度試してみてはいかがでしょうか。